天才とは、で知られるエジソンの名言

努力することは美徳?

信じるものは救われる、ではなく、頑張る人は報われる、という言葉は本当だと思いますか?
私はそうは思いません。いくら頑張っていても報われない人は、根本的なところが間違っているのではないかと思います。
例えば職場の人と上手くコミュニケーションがとれないからと言って仕事だけをとにかく頑張って覚えるという努力は、仕事を一通り覚えたら次のステップをふまなければなりません。それはやはりコミュニケーションをとるということだと思います。会社という組織に所属している以上、スキルアップを目指すならまずコミュニケーション能力を鍛えなければなりません。一見一人で出来る仕事でも、この能力を鍛えて他の手を借りられればもっと効率よく進んでいきます。

天才とはどういう人のことをいうのか

天才というと、天から与えられた才能というイメージが強いと思います。
確かにそれはその通りで、大した努力もしないでいきなり出来る人というのは存在します。ただそこで止まってしまうのでは、いずれは凡人に追い抜かされてしまうのです。
私にとって天才とは、元々のセンスであり、それを活かして上達させなければただの宝の持ち腐れという感じです。いくらセンスが良くても磨かなければ意味がないのです。そして逆に、センスがなくても正しい努力をし続けていればその人は天才と呼ぶのに相応しい人だとも思います。
岩松氏も、成功したいという強い信念を持って正しい努力をし続けてきたからこそ今の成功があるのではないでしょうか。そして今も進化し続けているので、これから先どのようになっていくのか、興味深く思っています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る